ムダ毛自己処理

やってはいけない脱毛方法

脱毛をしたいからと言って、どのような方法で行ってもよいというわけではありません。中には行わない方がよい脱毛、行ってはいけないような脱毛方法も存在しています。もし脱毛したいと考えたとしても、別の方法を選択するべきでしょう。

カミソリを使用しての脱毛は肌を傷める

ムダ毛の処理をするのに比較的よく用いられている方法が、カミソリを使った脱毛方法なのですが、カミソリというのは髭を剃るのに用いられている方法です。そのため、髭を剃る以外のことに用いるのは適していません。よく手や脚のムダ毛を処理するのにカミソリを用いる人がいますが、これは肌を傷める原因となってしまうのです。
髭を剃る場合でも、専用のクリームや石鹸を用いて行わないと、皮膚を切ってしまう場合や、ヒリヒリしてしまうことがあるでしょう。特にデリケートな部分や皮膚の薄い部分にカミソリを使ってしまうと、肌へのダメージもかなり大きくなります。しかもカミソリは雑草を茎から切っているのと同じで、すぐに毛が生えてしまうことから脱毛とは言えないでしょう。

毛を抜くのはよくない

カミソリではすぐに生えてしまうからといって、毛を抜こうと考えている人もいます。そんな人はいないと思う人も多いのですが、実は無理やり抜いてしまおうとする人も存在しているのです。しかも毛を抜くための道具も販売されているのですが、この方法はカミソリを用いるよりもダメージが大きくなります。
よく毛穴を広げてから行うとよい、毛を抜いた後はきちんとケアをするという内容のサイトも存在しています。しかし、毛を抜けば全く生えてこなくなるというわけではありません。毛穴が残っている限り、しばらくするとまた生えてきてしまうのです。もちろん生えるまである程度時間はかかりますが、ダメージが大きいのでやってはいけません。

ニードル脱毛もダメージが大きい

最近はあまり行われていませんが、ニードル脱毛という方法もかなりダメージが大きくなります。脱毛効果はかなり高いですが、リスクも大きいので、できれば避けるべき脱毛方法だと言えるでしょう。

関連記事です☆